地理情報システム学会にて発表を行いました.

週末に首都大学東京南大沢キャンパスにて行われた地理情報システム学会第27回学術研究発表大会にて,M1の土井さんが卒論として取り組んできた「2都市間で類似する地域の特徴抽出法と他都市への適用に関する研究」について研究発表を行いました.
研究発表は結構な反響を呼んで,突っ込んだ質問や,セッション終了後に数名の方と話が弾みました.
以前からそうだったのですが,本研究室の研究のいくつかは,建築計画や都市計画の専門家よりも,情報学,地理学,不動産学といった他分野の方に響くようです.
情報学や不動産学は自分の専門分野のようなものですが,地理学については,私が博士論文を書く際に,都市計画よりも地理学の方をよく学んでいたことが影響しているかもしれません.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com