川岸君が修論の発表を行いました

本日,都市系専攻の川岸君が修論の発表を行いました.
タイトルは「大阪市を対象とした南海トラフに起因する津波からの避難と徒歩帰宅の経路最適化に関する研究」です.

昨年少しメディアで取り上げられた大阪市の大規模徒歩帰宅シミュレーションの続編で,特に混雑が激しくなることが予想される,淀川に架かる橋梁の渋滞緩和のための大規模な歩行者ルーティング手法の提案と検証を行った研究になります.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

WP2Social Auto Publish Powered By : XYZScripts.com