感染拡大シミュレーション

新型コロナウイルスの感染が日本でも増えてきました.
古い研究ですが,パーソントリップ調査に基づいて,インフルエンザウイルスの感染拡大がどのようになりうるかを示した例があったので紹介します.
いろいろな仮定の上での話ですが,関西だと2週間で広範囲に広がるようです.

https://www.igaku-shoin.co.jp/contents/picture/paper/nwsppr/n2009dir/n2812dir/n2812_01.pdf

http://www.nextpb.com/gisnext/backnumber/pdf/no27_rev.pdf

”シミュレーションによれば、対策が始められる6日目の時点で、すでに感染者は首都圏全域に広まっており、「地域封鎖」といった方策は、少なくとも首都圏では無意味であることがわかる。一方で、外出自粛などにより、感染の拡大を緩やかにしていくことは可能であることもわかる。”
とのことです.
リモートワークなどを本格的に導入する契機ではないかと思います.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

WP2Social Auto Publish Powered By : XYZScripts.com