CRESTプロジェクトの研究成果として山本遼君の研究が紹介されています

2014年10月から5年半をかけて行われた,JST CRESTの研究領域「ビッグデータ統合利活用のための次世代基盤技術の創出・体系化」(研究総括:喜連川 優) の採択課題「ビッグデータ時代に向けた革新的アルゴリズム基盤」(研究代表者:加藤 直樹) の研究成果の紹介ページが公開されました.

主な研究成果の一つとして,研究室OBの山本遼君が行った梅田地下街の最速避難計画に基づく避難シミュレーションが紹介されています.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください