卒論の発表が終了しました.

本日Zoomにて,無事に以下の4名のB4の卒論の発表が終わりました.

今年度は新型コロナの影響で,ゼミがリモートだったのをはじめ,特に前期から後期の中盤にかけてはリモートデスクトップ中心で,例年とは違って難しい状況の中で研究を進めなくてはいけませんでした.

うちの研究室は,ほとんど0から技術や理論を学んでいくわけで,最初はなかなか軌道に乗らなかったのですが,終わってみれば,みんなそれなりに研究を自分のものにできていたと思います.

まだ微妙に修正が残っていたりしますが,とにかく1年間お疲れさまでした.

・尾﨑 未奈:大学建物を模したVR 空間内での歩行行動の再現と検証

・川上 宥子:大阪府内における住宅系不動産の間取りのグラフデータベースの自動作成と分析

・成本 遥香:動画像からの歩行者検出手法に基づく新型コロナ流行前後での街路上の社会的距離の比較

・藤森 彩水:BIM とビジュアル・プログラミングを用いたマンションのフロアプランの自動作成手法

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください