新型コロナウイルス流行前後での茨木市における人の移動の変化

本研究科の加登先生と松下先生との共著です.

Haruka Kato, Atsushi Takizawa and Daisuke Matsushita, Impact of COVID-19 Pandemic on Home Range in a Suburban City in the Osaka Metropolitan Area, Sustainability, 13(16), 8974, 2021, doi.org/10.3390/su13168974

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください